皆さまこんにちは!

2月がやってきましたね~2月といえばバレンタイン

もちろん大阪ステーションシティもイベント『LOVE@OSAKA PROJECT 2013』はじめ、

バレンタインへの準備は万端です!

さて、今回のブログでは、大丸梅田店のバレンタインイベント

2013 ショコラ プロムナード』(サウスゲートビルディング15階)の様子をお届けします。

まずは『カカオサンパカ(CACAO SAMPAKA)』。スペイン王室御用達のショコラテリアです。

こちらは『カカオの旅 9ヶ国コレクション』。

カカオの原産地別に作られた9種のショコラ、食べ比べると味の違いから産地の空気感が伝わるようです。

中でもメキシコの「ショコヌスコ」(中央)、元はスペイン王室が300年独占していたというカカオを用いています。

一時期は絶滅寸前となったこのカカオを使えるメーカーは、今でもごく限られるのだとか。

全てダークチョコレートなのでビター好きの方、ショコラにはちょっとこだわりのある方にオススメです!

こちらは板状のショコラ「ジントニック」です。

西洋ネズの香りがまさにジントニック!ショコラとは思えないカクテルの香りです。

男性へのちょっとしたお礼にも喜ばれそうですね。

こちらは京都西院の『菓子職人』による「菓子職人抹茶トリュフ」。

京都の老舗『一保堂茶舗』の抹茶が贅沢に使われています。

素材に練り込むだけでなく、表面にふんだんにまぶしてあるので

ショコラを口に入れたときの抹茶の上質さがはっきりとわかります。

ご自宅用にお求めになるリピーターのお客様が多いというのも納得です。

しかもこの商品、11月から3月までの限定商品です。

世代を問わず、抹茶好きにオススメです!

こちらは『コンパーテス ショコラティエ(Compartes chocolatier)』。

本店はロサンゼルス・サンタモニカ近郊とのことで、ハリウッドセレブのファンも多いそうです。

楽しい一品はこちらの「デンジャーローズ」。

なんと5個のスカル型チョコレートの内1つは激辛なんだとか…。

パーティーに用意すれば、盛り上がること間違いなしです!

こちらは『ル カカオティエ(Le Cacaotier)』。

2011・12年と2年連続でパリの「サロン・デュ・ショコラ」で最優秀賞を取った注目のブランドです。

日本に直営店は無いため全ての商品がフランスからの直輸入で、1日で品切れとなった商品もあるそうです。

こちらの商品はショコラが全種類入ったタイプ。

ホワイトチョコがアクセントとなっておりエレガントです。

プレゼントにはもちろんですが、自分用にももうひとつ買ってしまいそうです…。

最後のお店は、キュートなディスプレイと個性的な商品が印象的な『ケーキハウス ショウタニ』。

こちらは「パフェ・オ・ショコラ」。

アイスクリームのようなデザインで、コーンにチョコレートパフが詰まっています。

とってもかわいいので、男女問わず、お友達にもご家族にも喜ばれそう!

こちらは「ル・マルトー」。

板状のチョコレートにフルーツやナッツがぎっしりです。

たたき割って食べるため?木製のかわいいハンマーも付いていて遊び心満載です。

この他にも見た目に楽しいチョコレートばかりで、見ているだけでも楽しい一角でした。

いかがでしたか?

大丸梅田店の「2013ショコラ・プロムナード」ではこの他にも

まだまだ沢山の商品をご用意しています。

人気ショコラティエのいらっしゃる日もあるらしいので、

ファンの方はぜひお越しくださいね。

詳しいイベント情報はこちらです⇒http://dmdepart.jp/valentine/

皆さまのお越しをお待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは管理者の承認制のため、即時には反映されません。