皆さまこんにちは。

春のはずなのにまだまだ寒いですね。

ひときわ寒かった3月14日、大阪ステーションシティのシンボルともいえる

ドーム屋根の清掃を取材してきました!

清掃は3月11日から16日まで。

2011年5月の大阪ステーションシティ開業以来初めての、ドーム屋根の清掃です!

高所の作業となりますので、綿密な打合せを行った後…

ホースをつないで、いざ大屋根の上へ!

ノースゲートビルディング側から上るので、カメラは線路を挟んで向かいの

サウスゲートビルディングからドーム屋根を臨みます。

作業員の方が、ドーム屋根上部にいるのがおわかりになるでしょうか…?

水を撒きながら、ブラシで一枚一枚ガラスを拭き上げていきます。

ドーム屋根の傾斜は約20度、スキーの坂なら中級程度にあたります。

強く冷たい風に吹きさらしになり、傾斜に耐えながらの作業です。

体をしっかり命綱でつないでいますが、少人数の手作業でとても大変そう…。

こちらはドーム屋根を真下の時空の広場から撮影しています。

ガラス面を細い川のように、水が流れていきます。

ふとドーム屋根を見上げた時にこの光景に気がついて、

不思議に思われたお客様もいらっしゃるかもしれませんね。

ちなみにこちらは、サウスゲートビルディング16F「うまいものプラザ」から撮影した写真です。

1日の作業を終えての撤収中です。

作業は明日16日までですが、これで一段とすっきりきれいな空が時空の広場からも見えそうですね。

サウスゲートビルディングの裏から見た金時計です。

時空の広場のカフェ「バール・デルソーレ」でお茶しながら

きれいになったドーム屋根を見上げてみてはいかがでしょうか?

皆さまのお越しをお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは管理者の承認制のため、即時には反映されません。