みなさんこんにちは!

今日は昨日4/21(火)に行われました映画『夫婦フーフー日記』の舞台挨拶の様子をレポートいたします☆

それでは豪華すぎるお二方のご紹介!主演の佐々木蔵之介さん、永作博美さんです!!

佐々木蔵之介・永作博美①

映画『夫婦フーフー日記』実在の闘病ブログを書籍化した「がんフーフー日記」が原作となっており、

妊娠判明後、悪性腫瘍をわずらった「ヨメ」と「ダンナ」の物語となっています。

今回の作品は、原作にはない“死んだはずのヨメが、残されたダンナの前に現われる”という設定を加え、

悲しみの中にも笑いありのコメディー作品となっています!

佐々木蔵之介・永作博美②

さて、ここからは舞台挨拶の様子をお伝えいたしましょう(*^^)v

まずは大阪の印象について聞かれると、

「関西は地元なので、帰ってくると安心する。お客さんはシビアだが、言ったことに対してすぐ反応してくれるので楽しい。」(佐々木さん)

佐々木蔵之介①

「舞台挨拶を楽しみに来てくれているのが伝わるので安心感がある。お客さんとも交流しやすいのが嬉しい。」(永作さん)

永作博美①

と答えて下さいました!

また、永作さんが「大阪は安くておいしいものが多いですよね~」という話をすると、とっさに佐々木さんが

IKY(イカ焼き)食べたでしょ?」というキレの良いツッコミを入れられていました(笑)

佐々木蔵之介・永作博美③

テンポの良いリズムで進んだ舞台挨拶。

「大阪で永作さんを案内するとしたらどこがいいか?」という質問に対し、京都出身の佐々木さんは、

「高いところが好きなのですが、実はここ(大阪ステーションシティシネマ)の上に農園(天空の農園)があるんです!

そこは淀川が一望できてとても眺めがいいですよ!」と話されていました!

しかも何度か「天空の農園」にもいらっしゃっているようで我々スタッフも驚きです!!

佐々木蔵之介②

さて、作品の話題へと移りましょう。

今回の『夫婦フーフー日記』の脚本を読んだ時の感想として、

「闘病ブログが原作だけど楽しく読めた。映画自体も頑張ろうと思える映画になりました。」(佐々木さん)

佐々木蔵之介③

「泣きながらも笑いました。感情のひだがたくさんある作品で、過去の自分につっこむ構成が新しかったです。」(永作さん)

永作博美②

そして永作さんから大阪での舞台挨拶らしく、

めっちゃおもろいんで見てな!!」と決めゼリフをいただきました☆

永作博美③

最後に皆さんへメッセージをいただきました。

「闘病日記ですが、人を思いやる気持ちが入った作品。明日から“頑張ろう!”と思ってくれたら嬉しいです。」(永作さん)

「ただ辛いのではなく、希望にあふれた映画。今いる人を大切にしようと思える力がわいてくる映画です。」(佐々木さん)

佐々木蔵之介・永作博美④

映画『夫婦フーフー日記』は5月30日(土)より全国ロードショー。

作品情報など、詳しくはこちらのホームページをご覧ください→映画『夫婦フーフー日記』公式サイト

もちろん、大阪ステーションシティシネマでも公開されますのでお見逃しなく!

CIMG4826

以上、わーさんでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは管理者の承認制のため、即時には反映されません。