こんにちは、グリーンスタッフの山口です。

いつの間にか、昼間でも涼しい風が吹くようになりましたね。
季節の変わり目、皆さまどうかご自愛ください♪

さて、今回は天空の農園の「綿」のご紹介です。
6月末に種蒔きをした綿が元気に育ち、今も花を咲かせています。

では、綿はどのようにできるのでしょう??
↓黄色がかった白い小さな蕾がむくむく。

↓開花時は白っぽい花を付けます。

↓白っぽい花がピンクへ、ピンクから赤い花に変わります。

↓開花1~2日で花は落ち、中に実が…

例えるなら、小さなレモンのようでしょうか?
この丸いものを、コットンボールと呼びます。
その後、コットンボール内の繊維が乾燥すると、中から綿が弾けて出てきます。
今はまだ、小さなコットンボール達。
いつの日か、弾けてフワフワとした白い綿が飛び出すその日が、楽しみです!