こんにちは。グリーンスタッフの佐藤です。
めっきり寒くなり、いよいよ冬がやってまいりましたね。
ごま日記もいよいよ本日で最終回となりました。

先日、ついにゴマの脱粒を行いました!
作業は、金ゴマの種をご提供いただいた、伊藤忠商事 株式会社の社員の方々と一緒に行いました。
農園で育てたゴマの収穫量はこのくらいです。ちょうどバケツ1杯分くらい。


このゴマを5本ほど手に取り、棒で叩いてゴマの粒を落とします。
持った瞬間、ポロポロとゴマがこぼれ落ちてきて、床一面があっという間にゴマだらけになりました。


最後に、ふるい落としきれなかったものがないか、手で開くようにして確認していきました。


バシバシ叩いてやっとの思いで採れたゴマの量はというと、、、
このくらいの袋に4袋分のゴマが採れました!


この状態ではまだ枝や鞘のくずなどのゴミも混ざっているため、それを取り除く作業が必要となります。
唐箕(とうみ)などの道具があれば、楽に仕分けることができますが、そうでない場合は手作業でゴミだけを取り除いていくという、地道な作業が待っています。
まだまだ、食べられる状態にするには長い道のりですが、地道にゴミ取りをしていこうと思います。

最後に、ゴマのベストショットをいくつかご紹介します。


ゴマの葉っぱってこんなに大きいんです。

夏のある日、ミツバチがやってきてせっせと蜜を集めていました。

まだ、熟す前のゴマ。こんな風に、中ではびっしりと一列に並んでいます。

ごま日記、最後までご覧いただきありがとうございました。
そして、日記を見て農園まで足を運んでくださったお客様、どうもありがとうございました!

次回は、また別の野菜日記をスタート予定です。
お楽しみに(^^)