こんにちは、グリーンスタッフの山口です。

 

暖かい日や寒い日や色々と入り混じっておりますが、この数週間植物たちの生長が日々著しくなってきているのをひしひしと感じます。
今回はそんな春の息吹を感じるノースゲートビル14階・天空の農園よりお便りです。
まずはアスパラ。
また新しい子が、顔を出しています☆ミ

3月26日のキッズウィークイベントで、小学生のお友達に植付けをしてもらったジャガイモ。
にょっきりと芽が出てきています。

植付けに参加してくれたみんなには、是非!見に来て欲しいなぁ。

3月にお花をご紹介したアンズは、

果実がふっくらとしてきました。

佐藤さんの麦日記にも出穂(シュッスイ)したての穂が紹介されていますが、数日前より白いお花がさいています。
ここで大麦が見れるなんて思ってみなかったので、本当に嬉しいです。

 


ブドウは、新しい葉をつけています。
そのブドウ棚の下では、クリーピングタイムが咲き始め、まるで紫色のじゅうたんの様です。

 

次はスタッフおススメの花壇をご紹介します。
場所は↓ノースゲートビル11階風の広場から階段で上がって、すぐの12階花壇です。


以前にユキワリソウをご紹介したこちらの花壇では、山野草をお楽しみいただけます。
ウラシマソウ
サトイモ科のこちらの植物。浦島太郎が釣り糸を垂れている姿に似ていることから、その名が付けられたともいわれています。
なんとも不思議な形のお花です。

ナルコユリ
エビネ
ラン科の植物です。
え?エビネラン?と、思われた方はいらっしゃいますか?
某育毛剤が、球根から抽出したエキスを使用しているというエビネランです。

ラミューム
ヤマアジサイ
↑蕾がたくさん見られますが、開花はまだまだ先でしょうか?
タイツリソウ
釣竿にぶら下がるように付いていることから鯛釣草と呼ばれていますが、寺院のお堂を飾る装飾品の華鬘(けまん)にお花の形が似ていることから、ケマンソウとも呼ばれています。
ハートがぶらぶらと連なっているようにも見えて、かわいいです。

足を止めてじっくりと見てみると、色々な出会いのある花壇となっています^^