こんにちは。グリーンスタッフの佐藤です。

今回は、綿に住む虫たちについてのレポートです。

大麦の時も、たくさんのアブラムシ&アリに悩まされましたが、綿にも同じくたくさんのアブラムシ&アリが発生しました。

美味しいんでしょうか?綿。

IMG_1174  __

アリはすぐに人の気配を感じてすばやく逃げていきますが、アブラムシは逃げることなく、葉や新芽の汁液を吸っています。

つぶしてもつぶしても、またすぐに発生する…(TへT)

特に、花芽のまだ柔らかいところは、丁寧に触らないと花芽が傷んでしまうので取るのに苦労しました。

アリは何をしているかというと、、、実は、アリとアブラムシは共生関係にあります。

植物の汁液を吸っているアブラムシの排泄物は甘い液体で、アリの好物なのだそうです。

アリは甘い汁を貰う代わりにアブラムシを天敵から守ってあげているとのこと。

なので、アリがたくさんいるな~と思ってたどっていくと、アブラムシを発見する。といったことが良くあります。

そして、そんなアブラムシを食べる虫も現れました。

1009⑧

↑テントウムシの幼虫

1009⑨

↑ヒラタアブのサナギ

(サナギの状態ではアブラムシは食べませんが、その前の幼虫時代にアブラムシを食べます。)

自然界の食物連鎖ですね。

IMG_1188

↑アリと綿の花